2007年12月16日

I AM LEGEND

2012年、人間の姿が消え、静まり返るニューヨーク。この街でただ一人生き残った、真っ赤なマスタングを運転するロバート・ネビル。3年前、人類に降りかかった地球規模の災厄をくぐり抜け、おそらく全世界で、ただ1人生き残った男。毎日無線で送るメッセージに返事は無い。有能な科学者でもある彼が、自らに課した使命、それは人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探ること。それだけが彼の生きる支えとなっていた・・・。




家族を喪い孤独と絶望に耐え、人類を死に追いやったウイルス『K・V』の特効薬を開発するため、ただ世界を救うためだけに生きるネビル。来る日も来る日もたった一人で街に出て、サンプルを採取して血清を作る・・・・オレなら耐えられないだろうなぁ。今の科学技術の進歩はめざましいものがあるが、ほんのわずかな『ほころび』で人なんてあっけなく死に絶えてしまうのかもなぁ。ちなみに、バイオ・ハザードみたいなのが苦手な人にはオススメできないかも。



果たしてネビルは『伝説』に成りえたのだろうか。
posted by ねぎ at 08:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73080873

この記事へのトラックバック
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
人気商品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。